ホーム武蔵ホームの想い武蔵ホームの家づくり作品集お客様の声設備・仕様・構造スタッフ紹介会社案内

武蔵ホーム > 設備・仕様・構造 > 構造

設備・仕様・構造

標準仕様構造安心・安全
木造軸組工法+構造用合板

武蔵ホームでは、木造軸組工法に、外壁周りを構造用合板により補強した強固な構造を標準採用しています。

木造軸組工法

高温多湿な日本の風土で古来から採用されてきた伝統的な工法です。在来工法と呼ばれることもあります。 柱や梁などの軸組(線材)で建物を構成し、高い自由度を持った設計が可能です。窓の開口部も大きく取れるのが特徴です。
よく比較される2x4工法の場合、鉛直力(建物上下方向に働く力)と水平力(建物に前後左右方向に働く力)を壁で受け持つのに対し、木造軸組工法は鉛直力を柱で、水平力を筋交いや構造壁で受け持たせます。
2x4は壁のみで受け持たせる構造のため、窓の位置や形状に制限を受け、設計の自由度が低いです。

構造用合板

合板の中でも、構造耐力上主要な部分に用いる目的の強度を負担させることができる素材です。その規格は日本農林規格(JAS)によって厳しく定められており、構造用合板で耐力壁や耐力床を構成することにより、耐震性・耐風性を高めるばかりでなく、気密性や防音性を上げる効果が期待されます。

+αの取り組み

より安心・安全な家づくりのため、この他にも技術集団ならではの様々な取り組みを行っています。

スチールハウス
木造門型フレーム
コラボパワー
スーパーストロング構造体

スチールハウス

スチールハウス工法とは、構造部材に高強度軽量鉄骨を使用した枠組壁(2x4)工法のことです。
鋼部材には、経年変化しにくくシロアリ被害もないこと、外張り断熱工法により結露を防げること、リユースできる材料なので資源の有効活用ができることなどの特徴があります。また、木造に比べ火災・地震保険が割安なこともメリットです。

スチールハウス

木造門型フレーム

高精度の集成材とオリジナルの金物を組み合わせた「木造門型フレーム」工法は、壁全面の床から天井まで届く大開口や、間仕切りのない大空間を実現。
南面からたっぷりの採光、庭と一体となった広々リビングをはじめ、高天井、吹抜け、ビルトインガレージや店舗用空間まで、思い描く自由な夢の空間を可能にしています。

木造門型フレーム

コラボパワー

コラボパワーとは、建築基準法に定められた木造住宅が持つ『耐震』性能に加え、低コストな『制震』機能で地震エネルギーを吸収し、揺れを低減する「制震オイルダンパー」です。
地震動エネルギーを受け止め、熱エネルギーに変換して吸収することで地震の揺れを軽減し、また構造部材や内装材の損傷を低減し、大地震や繰り返す余震に対しても継続的に効果を発揮します。 阪神・淡路大震災クラスの大地震に何度も耐えることができます。

コラボパワー

スーパーストロング構造体

スーパーストロング構造体とは、「耐震等級3」相当を実現するために、公正で安心できる検査・補償体制を実現し、建築会社が設計した図面をLIXILで住宅性能表示制度基準に基づき、1棟ごとに「耐震等級3」相当を設計審査します。
武蔵ホームは、耐震補償付き「スーパーストロング構造体バリュー」の加盟店です。

スーパーストロング構造体
武蔵ホームの想い武蔵ホームの家づくり作品集お客様の声お問い合わせ